Meno mosso!!!

2011年7月23日 閉鎖

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

泣けない涙 《第1話》

さぁて、いよいよやって来ました日曜日。
一応、第1回ということで、がんばって書きました。

さて、どうなることやら…。


今後の展開も視野に入れながら伏線とかを張っていこうと思います。

よーし、がんばるぞー。



どぅぞ↓





第2話→




小鳥たちが鳴いている。
ぼんやりと白いもやが出ていて、
昇りたての朝日の光に反射している。

少し冷たい空気を頬に浴びながら、俺は河川敷を走っていた。
「よしっラスト50メートルダッシュだ」

「おや泰知君、今日も朝からランニングかい?」
「あ、鈴木さん。おはようございます」
「がんばってね」 手を振って去っていく鈴木さん。
「はい。どうも」

返事と同時に俺は走り出す。
どんどん速くしていく。どんどん。速く。


世界は俺の横を過ぎていく。





「ここで一番最初の式を代入すると、y=12となります」
32…31…
「さらにy=12をこの2次式に代入して…」
18…17…
「するとy=5とx=2となるんですね」
3…2…1…
「0ぉ!!!!!」 俺は大きく叫んだ。

授業終了のチャイムが鳴る。
「よし行くぞ!!!」
「っしゃあ!!!」
「先生さようなら~~~っ!」 一斉に3人の生徒が教室から走って出て行く。

「はい、さようなら」 先生はのんびりと答えた。



「たっく何が2次関数だよ!あんなもん大人になったら使わねーだろ!!!」
繁が文句を言いながらジャージに着替える。
「じゃあ高校なんて来なかったら良かったじゃねーか」
「中卒は就職に不利だろ」
「ならがんばって勉強しろよ」
「うええぇぇぇぇぇぇぇ…」

「よし!走んぞ!!!」


更衣室を飛び出して誰もいないグラウンドを走り出す。


まずは準備運動。
次に軽ーくダッシュ。

そして准哉が唐突に、
「たまにはタイム測ってみるか?」と、言い出した。

一番手は俺だった。
屈伸をして準備をする。
「準備はいいか?よーい…どん!」

准哉が手を挙げると同時に俺は走り出した。

速く・速く・速く。

ラスト15mくらい。
もっと速く足を動かす。

あと少し、あと…すこ……し…………。
…………。



「…いっ。おい、泰知っ!!!」
「……あ?」
「お前どうしたんだよ、突然倒れやがって!」
「なんの話だよ…」
「走ってる途中で気絶したんだよ!数分前に!」
「………?」

繁たちが何を言ってるのか全く理解できなかった。
スポンサーサイト

| 小説 | 10:16 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

No title

書くんはやいな~!

| 紅白パンダ | 2009/09/20 21:02 | URL |

No title

一応、日曜に更新するって言っちゃったからな。
パッと考えて、サッと書いて、できあがりさ。ベイビー。 (・∀・)

| 色波 | 2009/09/20 21:10 | URL |

初めましてですね~

わかばと申します~

来て見ました~おもしろいですね
色波さん高校生ですか?僕は今高1なんですけど

一緒なら話題が結構あるかもですね♪
よかったら僕のブログも来たってください
小説も楽しみにしてます

| わかば | 2009/09/21 14:43 | URL |

No title

あっども。初めまして。

おもしろいって言って頂けると幸いです。
ブログはしっかり訪ねさせて頂きますよ!!

あ、俺は高校生です。15歳の高1ですよ。 (´∀`*)

| 色波 | 2009/09/21 19:17 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://soryaa.blog64.fc2.com/tb.php/98-7ed20128

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。