Meno mosso!!!

2011年7月23日 閉鎖

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

パブロフの犬 《6 ベル》

祝!10000HIT!!!

特に何も用意してませんが、ありがとうございます。
えー毎回こんなグダグダなブログに来ていただいてるとは…。
にわかに信じがたいです。わしゃあ…。

えー、どうでもいい話でしたね。

月並みな言葉ですがこれからもよろしくお願いします。





小説は結構進んできましたね。
早くもラストの雰囲気をかもし出してます。
若干短いですが、そこら辺はご容赦していただいて…ハイ。

それでは。どぞ。




←第5話




『よろしく。小城健介くん』
一宮が微笑んだ。

小城はなにも言わずに一宮を見ている。

『いきなり関係のない話かもしれないけど、キミ、記憶障害者なんだって?』
『……はい』
『どれくらいのレベルの障害なの?』
『…どうせ調べているんでしょう。俺より刑事さんのほうが俺の事を知ってる』
『その通りだ』
ここでまた一宮は微笑む。
もちろん怖い微笑み方だが。

『キミは寝ると、寝る前の記憶を忘れるみたいだね』
『そうですか』
『…随分と無関心だね』
『どうせ…忘れますから』
『そうだね』

『パブロフの犬って知ってるかい?』
『…いえ』
『確か、パブロフというのはある生物学者の名前なんだけどね。
パブロフは自分の犬にエサを与える前に毎回毎回ベルを鳴らしていたんだ。チリン…チリン…って。
何日か何週間か経った時にいつしか犬はベルを鳴らしただけでよだれを流すようになったんだ。目の前にエサが無いにも関わらず…ね』
『……………』

マジックミラーの向こう側で何人かが騒ぎ出す。
「おい…一宮のヤツ何考えてんだよ」
「知らん。俺はアイツが苦手だからな…」
確かに一宮の聞いてる事は今回の事件とは全く関係のない事だった。
はっきり言ってどうでもいい。

そんな俺たちを置いて一宮は喋り続ける。
『キミは犬にも出来ることができない』
『…………』
『犬以下だね』

そこで馬場さんが止めに入る。
『おい一宮!』
『分かってます。言い過ぎました』
一宮は両手を上げるポーズをとった。

『本題に入ろうか。加藤美鈴に初めて会ったのはいつだい?』
『………覚えてません』
『だろうね。出会ったのは事故が起きて記憶障害を負った後だ』
『…………』
『では、なぜ加藤美鈴を愛せるんだい?』

『キミは1日で記憶を失うのに、その度に毎回1日で愛を作れると?』
『………』
『おかしな話だね』

一宮はまだ話し続ける。
『いい加減認めたらどうだい?君はストーカーなんだろ?』

『君は理由は分からないが加藤美鈴に惚れた。
そうしてメモか何かに(加藤美鈴が好きだ)と書いた。
記憶が失っても君は彼女を愛し続ける。恋愛感情など持っていないのにも関わらず。
かくして君は加藤美鈴を連れ去ろうとするが親の加藤綾菜に邪魔をされる。だから殺した。
…そんなところかい?』
一宮は自分の推理を披露する。
その推理はどこまでが事実なのかは分からないがあくまで一宮の推測の域を出ないものだった。
一宮らしくないなと思った。

そこで一宮はこちらを見てニヤリと笑った。
もちろんあちらから見たらただの鏡でしかないのであろうが、確かに一宮はこちらを見た。
さて、君はどうする?と、言わんばかりに。

本当に嫌なヤツだ。本当に。
スポンサーサイト

| 小説 | 15:52 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

え、そろそろラスト?

| 紅白パンダ | 2010/05/23 19:00 | URL |

>紅白パンダ
良く考えてみろ。
主人公(?)が出頭してきた時点でほぼ終わってんだろうが。
展開として、作品として!

| 色波 | 2010/05/23 23:12 | URL |

リク絵

子供店長、ちくわ、つくね、ちくわ、つくね、ちくわ、つくね、ちくわ、つくね。

| DON・My※ | 2010/05/24 15:03 | URL |

いや、そこから捻りがあるのかと・・。

遅れたが、一万ヒットおめでとう

| 紅白パンダ | 2010/05/24 23:02 | URL |

>首領
キモっ!


>紅白パンダ
なんかもう全然書けねーんだよ。
最近書いてたら泣けてくるんだよ。書けなさすぎて。

| 色波 | 2010/05/25 19:35 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://soryaa.blog64.fc2.com/tb.php/250-19738f65

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。