Meno mosso!!!

2011年7月23日 閉鎖

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

色波の英語スキルの無さは異常

まぁ、まずは何も言わずにこれを見ておくれ。





ジャンミンは人を妬む事がキライだった。

彼女はロドリゲス氏に”彼女は行くことができなかった。なぜなら、中国の元旦を用意しなければならなかったから”と言った。
ロドリゲス氏はがっかりした。

ジャンミンは休みの日に彼の星の生徒だった。

ジャンミンは何も言わずに、友人は彼女らの計画を立てた。
彼女は自分に向かって、IBのテストに選ばれたものを用意することは大切だと言った。
そのテストは課外研修の後にあった。



課外研修の前のある朝、ジャンミンは父親の咳の音で起きた。
彼は彼女の部屋の向こう側にあるバルコニーに居た。
そして、そこの母の花壇に居た。

少し経ってから、彼は彼女の部屋のドアを叩いた。
「ジャンミン。話がしたい」
それはとても重要そうに聞こえた。
ジャンミンはパジャマの上にガウンを着て、父と一緒に朝食台に座った。

彼女の母はキッチンに居た。

「お父さん、あなたはタバコを吸っている。7時は駄目です。」ジャンミンは言った。
「すいません」彼はタバコ入れを置いた。「重要な会議があるんだ」彼はいくつかの紙を机に置いた。
「何、これ?」
ジャンミンはカホ・ヤイの情報が書かれた紙を見ることが出来た。
「お母さんがあなたの学校カバンの中で見つけたんだ。」彼は付け足した。
「そして、これも見つけた。なんでこれを言ってくれなかったんだ?」
「ごめんなさい。忘れてた。それは重要じゃない。私は行きたくない。」ジャンミンは彼を見ることができなかった。

彼はタバコに火をつけずに考えた。ジャンミンは何も言わなかった。彼はタバコを吸うと同時に、
「どっちだ?忘れていたのか?重要だと思わなかったのか?それとも行きたくないのか?」
「だけどそれは値段が高い。」
「だけどジャンミン。それは重要だろう。それは生物学だろう。もしお前が医者になりたいなら、お前は生物学を良くしなければならないだろう。」





…はい。
いかがだったでしょうか?

しっかり読んで頂いたならお分かりになられたと思いますが、この文章はどこか変です。
なぜかと言いますと、色波が英文を一部訳したものだからですね。

元の文章は無いので合ってるかどうかは定かでないのですが、
読んでてちょっと面白かったので載せてみました。

ま、それだけですよ。




それでば。
スポンサーサイト

| 独り言 | 22:11 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

「どっちだ?忘れていたのか?重要だと思わなかったのか?それとも行きたくないのか?」
「だけどそれは値段が高い。」

噛み合ってねえwww

| シーサー | 2010/05/10 23:29 | URL |

>シーサー
一文・一文を逐語訳してったからなぁwww
文の繋がりとか全く考えてなかったんだよwwwww

| 色波 | 2010/05/11 20:30 | URL |

ぎこちねえー!!
笑える

| 紅白パンダ | 2010/05/11 23:06 | URL |

知らない。知らない…。

| 色波 | 2010/05/13 19:25 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://soryaa.blog64.fc2.com/tb.php/241-871b22df

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。