Meno mosso!!!

2011年7月23日 閉鎖

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

泣けない涙《第20話》

そろそろエンドに近づいて参りました。
やっとかよ。

見込みではあと1・2話くらい?


さーがんばりましょー。



←第19話          第21話→




俺はまた、アイツと話していた。

『…チッ!忌々しい!!』
「なにがだよ」
『てめぇが絶望に浸ってねぇ所がだよ!!!』
そう言うとアイツは髪があるとおぼしき部位をガリガリと掻いた。

「なんでもお前の思い通りにはならねーだろ。世界は。ジコチューかよ」
『うるせぇ!てめぇ分かってんだろうが!これからの未来、自分がどうなるか!!』
「あぁ、そのうち俺は永遠に気絶したままになっちまうんだろ?」
『だったら絶望しろよ!泣き叫べよ!!助けを乞えよ!!!
気丈を演じたところでなぁ、てめぇの腹の内はそうなんだろうが!違うか!!?』
「違うよ」俺は冷たく言い放つ。

アイツは一瞬怯むと『クソが!!!』と言って部屋の奥に行ってしまった。
暗闇で姿は見えなくなる。

『どのみちお前は最低でもあと2年は気絶したままだ!どこまで絶望に耐えられるか見物だなァ!!!』
最後にそう言ったアイツの捨て台詞は随分上からの物言いであったが声はどことなく震えているように感じた。








意識が戻った。
最早まぶたを開けることすら容易ではない体を動かす。

まずは右手の人差し指から。
…動いた。
若干の痺れがあるが、まぁいい。

そこで上から声が聞えてくる。
「泰知?」母さんの声だろうか。暖かくて、心地が良い。

声に揺り起こされるようにして、まぶたを開ける。まぶしい。
手を使って光を遮りたいが、思うように動かない。
「まだ、痺れが取れてないだろう。動かなくていいよ」
なつかしい声だ。遠藤さんだろう。


やっと目がなれてきた。
白い壁が陽の光に反射して淡く輝いている。
幾つかの黒い影が俺を見下ろしている。

1つ目は40代後半であろう女性。
少しばかり荒れた肌に幾つかの茶色シミがちょこちょことある。
3~4年ぶりに見る自分の産みの親。また皺が以前よりも増えているのが痛々しかった。

2つ目は30代前半の男性。
銀縁の眼鏡を多少ズラして掛けて若々しそうな笑顔を浮かべている。
この人は何歳になってもずっと笑っていそうだな…。

3つ目は20歳程度の女性。
遠藤さんとはまた違った笑みを浮かべて俺を見ていた。
持っている小型のホワイトボードには『おはよう』と書かれている。


俺はちょっとだけニヤけると、「おはよう」とまだおぼつかない喉を震わした。






「―これで気絶していた期間は3年と2ヶ月12日でした。…明らかに以前より長くなっています」

俺は今、起きて数分にも関わらずに遠藤さんから今後の説明を聞いていた。
「そして前回の起きていた期間は約3日間。今までのデータから考えるとおそらく今回起きていられるのは長くても1日。そして次の気絶の期間はおそらく5年になるのかと…」
「そんな…!」母さんがうな垂れた。

「それで、最後には一生目覚めなくなる」俺は遠藤さんの話の続きを話した。


「…ですよね?」
「…あぁ。その通りだ」

「治す方法は!方法はないんですか!!?」母がヒステリック気味に叫んだ。
「…………」
「先生、はっきり言って下さい」俺は遠藤さんを促した。
「…以前の検査で分かった事ですが、腫瘍はもう手が付けられないほど転移していて、手術しても治る見込みはありません……」

そこで光が遠藤さんの肩を叩いた。
『どうにかできないんですか?』
「非常にくやしい話だけど今の医学では…もう……」

「絶望に浸っちゃ駄目ですよ、遠藤さん」
「…え?」

「落ち込んでいたらアイツが喜ぶだけです」


「僕は最後の最後まで絶望したりしません。
おきらめることはしても、絶対に未来に絶望する事はしません」

「……………」






最後まで。
スポンサーサイト

| 小説 | 18:02 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Goodーー
ところで弟は・・・?

| 紅白パンダ | 2010/02/28 20:28 | URL |

面白いんじゃないの~~
個人的にはちょっと明るすぎるかな~
もっと人間は黒い物だ。

| 未確認動物 | 2010/02/28 20:36 | URL |

>紅白パンダ
舐めるなッ!
ちゅわぁんと考えておるわ!!!


>未確認動物
俺はそんなブラックなもの書けんわーw

| 色波 | 2010/02/28 21:28 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://soryaa.blog64.fc2.com/tb.php/200-1581c467

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。