Meno mosso!!!

2011年7月23日 閉鎖

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

泣けない涙《第10話》

書けましたよ~。

あー前回よりもレベルが下がってますねーw
前の物が良すぎただけなんですけどね。なんでだろ?

しかもやたらと長いぞーwwww

それでは、どぞ。




←第9話          第11話→




ずっと、聞こえてる。
アイツの足音が。

もう俺には寝ることとヤツに支配されることの見分けがつかなくなってきていたんだ。


光が見える。
鈍いけど確かに輝いている。

まぶしい…。

「やっ!泰知君!」目の前には遠藤さんの顔があった。
「……近いです…。ていうか眼鏡が当たってます…」
「おっそうか、悪い悪い」
遠藤さんは俺から顔を離すと、さっとベッドの傍にある椅子に座った。

俺はゆっくり起き上がった。長い間寝ていたからなのか体の節々が痛い。
窓の外が思いきり明るくて、たくさんの人々がスーツ姿で駅に向かってるとこを見ると、今は朝の8時頃だろうか。
その後に遠藤さんがこんなに朝早く居るという事に少しだけ驚いた。

少しだけ労をねぎらってあげるかな。
「随分と朝早くから居るんですね」
「いや、僕当直だっただけなんだけどね」と、苦笑いをしながら遠藤さんは答えた。
「なんだ」ねぎらって損した。
「なにさ、その顔は」
「いえ、なんでも。それよりもなんで僕のところに?」

遠藤さんは一瞬とぼけた顔をした後に、
「あ、そうだった。今日は検査はないよ」
「え?」
「最近君が検査室を私物化せんとする勢いだからねー。やめさせないと」
「別に俺は狙ってないんですけど…」
「ま、そういうことだから。お休みだねーよろしくー」
そう言い残してバタバタと遠藤さんは病室から出て行った。

10分で苦しむ俺に12時間の猶予を与えるのか…。



さて、仕事一筋の人に休みをあげると怒られると聞いたことがあるのだが、今その意味が分かった気がする。
仕事が好きな人程休みの過ごし方が分からないのだ。

今、俺はベッドの上でマンガを読んでいる。
正確に言うと、
ベッドの上で暗記できたのではないか。という程に読みまくったマンガを読んでいる。
主人公がセリフを言うと、次のセリフを見る前に頭の中で次の絵と一緒にセリフが出てきて、その次のセリフまで出てくるという有様だった。
俺はガバッと起き上がると、ベッドの反対側にマンガを投げ捨てた。

リモコンを机から取るとおもむろにTVを点けた。
黒い画面に色が灯るとバラエティ番組がやっていた。
『なんでやねーん』
『ワハハハハハ』
その番組は実力足らずの若手芸人がリポーターをして、町中の人と話をするというものなのだが、
なんといっても実力がないのでつまらない。ていうか下らない。
チャンネルを回しても他におもしろそうな番組も無く、結局消してしまった。


ベッドを下りて、患者用の青いスリッパを履くと俺は何の気無しに病室を出た。
そしてそのまま病院の中を歩き始めた。

部屋を出て左に歩いていくと、開けた空間があって、ナースステーションが設置されている。
その向かい側にソファが数個置いてあってお婆ちゃんたちがお茶を飲みながら楽しげに談笑している。
ゲーム機を持って遊んでいる子供たちも居る。共用のTVを見ている人たちもいた。
ツンと独特の薬品臭がした。

思えば、こんな風に病院をじっくり見て周ったのは初めてなような気がする。

自分の居る階を一通り見終わった後、俺は一階にある売店に向かった。


売店に行ってみるとあの時の彼女がまた窓の外を見ていて、一応話したことのあるし、折角だから話かけてみる事にした。
「空、キレイだね」
彼女は少しだけ驚いた顔をしながらこちらを見た後、少し笑みながら「そうだね」と言ってくれた。
「今日は晴天だね」
「そうだね」
似たような問答を繰り返した後に、あのことを思い出した。

「あ、そういえば…名前は?」
「え?」
「えっと、君の…名前」
「あぁ、ひかる。畠山 光。…君は?」
「池永 泰知」
「じゃ…、泰知…クン」
「それじゃあ…畠山サン?」

優しそうに微笑むと「光でいいよ」と言った。
それは俺だけ公平じゃないな。と思ったから「じゃあ、泰知でいいよ」と言った。
「私は良いの」
「え?」

「私は…泰知クンが良いの」

そう言う彼女の顔はどこか楽しんでいそうな笑顔だった。


そうやって話していると、気づいたら12時になりかけていた。
「あ…、もうこんな時間だね」
「え?あぁ」
「またね…泰知クン」
「うんバイバイ」

人と話すのが楽しかったのはいつ以来だろう。
3時間近くも話し続けるなんて。
スポンサーサイト

| 小説 | 22:07 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

No title

別にレベル落ちてねーよ?
キープされてます。

| 紅白パンダ | 2009/12/07 19:06 | URL |

No title

ヤッタネ! \(^o^)/

| 色波 | 2009/12/07 19:13 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://soryaa.blog64.fc2.com/tb.php/138-5c1e3389

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。